堕天使のお花畑 | ひきこもりニート堕天使ブログ

ニート堕天使教の偶像かつ唯一神にして教祖たる堕天使エヌが舞い降りた。ここは信者の憩いの場であり、ひきこもりニートが厨二病全開で黒歴史を刻む花園である。 アニメ、ゲーム、創作、投資、科学、オカルト、陰謀論など、無職の自堕落な生活記録をレポートする。

アニメレビュー


2019年冬アニメ感想戦の第二弾として『約束のネバーランド』をレビューする。
今期アニメ(もう春なので前クールか)の個別レビュー記事の作成方針としては、話題性が高いもの、覇権アニメと評価されることが多いものから優先して選択していきたい。

上記方針に従い、先日の第一弾にアニメ『五等分の花嫁』の評価を行った。
もともと感想・評価・レビューだけの予定だったが、途中から考察厨の暴走により原作の結末予想まで勢いで書いてしまった。しかも相当クレイジーである。

そして、同じく世間的に覇権アニメとの呼び声高い『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』を語ろうかと考えていた。
だが、堕天使は気まぐれである。気が変わって、先にアニメ『約束のネバーランド』の感想戦を行うことに決めた。『かぐや様は告らせたい』の方は、既に関連記事を2019年冬アニメ私的ランキングにリンクさせているため、優先度が下がったのも否めない。

というわけで、アニメ『約束のネバーランド』の考察/感想/評価/レビューを開幕する。
若干ネタバレ注意。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年冬アニメ感想戦の第一弾として『五等分の花嫁』をレビューする。
これを初回に持ってきた理由としては、2019年冬クールの覇権アニメ候補筆頭だからである。
先日の個人的ランキングでC判定に格付けしておいて覇権とは解せぬと思われるかもしれないが、あれはあくまでも堕天使エヌ個人の中での評価であり、世間を沸かせたという意味で覇権アニメのひとつと見なしている。
実際のところアニメ『五等分の花嫁』は、成功すべくして成功した作品であり、普通に面白い良作アニメだと思っている。このような話題性の高い作品には、熱狂的ファンや狂気的アンチが湧くものである。

この堕天使ブログでは、五等分ファンでも五等分アンチでもない立場から、公正にアニメ『五等分の花嫁』を評価していきたい。
アニメ『五等分の花嫁』の最終話までを視聴したレビューとして、良い点、悪い点など、気の向くままに書き綴る。
積極的にネタバレする気もないが、一応ネタバレ注意。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

理学とアニメが再び交差するとき、物語は始まる――!!

というわけで、アニメ『とある魔術の禁書目録Ⅲ』の話をする……と見せかけて、アニメ『賭ケグルイ××(第2期)』第10話「理の女」を受けて数学を語っていきたい。普段のアニメレビューとは異なり、あらすじやネタバレの内容はほとんど含まないし、たぶん感想も書かない。

対象とする回「理の女」では、蛇喰夢子(じゃばみ ゆめこ)と五十嵐清華(いがらし さやか)とが、「扉の塔」をステージにギャンブル勝負を行う。作中のクイズとして出された数式に対して、清華は高校数学レベルだとして即答する。正直、私は一瞬で解答が思い付かなかった。
高校数学は得意だったし、大学院生時代にも家庭教師のアルバイトをしていたので復習できていた。それなのに高校数学レベル(?)の問題に意表を突かれてしまい、悔しくてたまらないので改めて数学クイズを考えてみる。

偶然にも本日3.14は数学の日。キーワードは、無限べき乗塔(無限べき乗タワー)である。
なお、できるだけ数式ばかりにならないよう配慮しつつ数学で遊んでいきたい(ブログがTeXなどの数式に対応していないから見栄えが悪いだけでなく、単純に面倒なため避けているのは内緒)。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

平成最後の秋クールアニメ、2018年秋アニメ『色づく世界の明日から』は、個人的に高い評価であった。
ここで、堕天使ブログでは異例の追加考察を実施したい。

アニメ『色づく世界の明日から』は、主人公の月白瞳美をはじめとする主要キャラクター全員に救いがあるハッピーエンドを迎えたように思われた。
だが、最終話を視聴した高揚感が冷めてから改めて考えると、主人公の祖母である月白琥珀だけ不幸になっていないか。軽く調査してみたところ世の考察厨は、瞳美の祖父(琥珀の夫)が誰かだとか、未来で他界して墓参りされているのは誰だとかばかり注目しており、琥珀のバッドエンドを指摘するサイトが見つからないので、この堕天使ブログで考察することにした。そして、『色づく世界の明日から』の続編として、第2期アニメまたはOVAの可能性を検討する。

最初に宣言するが、本記事の考察では月白琥珀の幸せだけに重きを置く。そして、あらゆるネタバレを自重せず、主観に基づいて息を吐くように論理を飛躍させる。なお、執筆者の堕天使エヌは、シュタゲ厨であり、まどマギ厨であり、Fate厨である。

――――ついて来れるか?


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ごきげんよう。

この堕天使エヌはアニメの守備範囲が広い。
キモヲタ御用達の萌えアニメから難民向けアニメ、IQが溶けるアニメ、硬派アニメ、スポコンアニメ、ギャグアニメ、BLアニメ、百合アニメ、厨二病向け、少年向け、少女向け、幼女向けなど、何でもござれよ。

昨日、アニメ映画『未来のミライ』が米アニー賞を授賞したことがネットニュースになっていた。ようわからんがアニメ界のアカデミー賞だそうだ。
ロードショー期間は面白くなさそうなので見に行かなかったが、このミーハー向けアニメを堕天使エヌが鑑賞してやろう。というわけで、本記事はアニメ映画『未来のミライ』のレビュー的な雑談である。

なお、ネタバレは皆無の模様。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


↑このページのトップヘ

Copyright © since 2016 堕天使のお花畑 | ひきこもりニート堕天使ブログ All Rights Reserved.