今年度の第1四半期が終わった。
そして2016年春アニメが終わっていく。
私はニートのたしなみ、いや、ストーリーの研究として多くの作品を視聴した。
さらっと雑に振り返ってみる。
本当に雑なので気になるものはGoogle先生に聞いてみよう。
このブログの方向性が未だに定まらないが、アニメブログにはしないつもりではいる。




順位は付けず50音順。


あんハピ♪
ギャグアニメ。頭おかしい。
気付いたら中盤で切っていたが暇があれば見ておきたい。


エンドライド
異世界ファンタジーのオリジナルアニメ。
会話のやり取りが低レベルに感じる。いつの間にか切っていた。
まさかのLUNA SEA


学戦都市アスタリスク 2期
学園もの異能力バトル。
典型的なラノベという印象。いつの間にか切っていた。
一刀修羅が見れなくて残念。


キズナイーバー
SFになるのかな? オリジナルアニメ。
痛みを繋ぐシステムを題材に信頼関係を築く話にしたかったらしい。
システムの研究背景や目的の設定がぬるく感じられ、それが敗因だと思う。
OPはオサレ。


機動戦士ガンダムUC
ガンダム。割愛。


逆転裁判
裁判ゲームのアニメ化作品。
可もなく不可もない。


くまみこ
巫女や熊がいる田舎の日常もの。
ほのぼの、かわいらしく、時に闇をのぞかせるような感じ。
最終回の展開で炎上したが、個人的には納得の終わり方だった。
アニメ化で苦言を呈するのは原作厨にありがちなこと。
原作とは違うニュアンスを伝えるというのも面白いことだと考える。


クロムクロ
SFと戦国とを織り交ぜたロボットもの。
P.A.WORKSはキャラデザがよく良作も多い印象。
敵の正体だけでなく、それに対抗するロボットの正体が最初はわからないため、
段々と明かされていく展開になることが期待される。
平和な日常シーンが結構面白い。もはやGLAYでも驚かない。



甲鉄城のカバネリ
ダークファンタジー。ノイタミナ枠のアニメオリジナルという期待作。
圧倒的な敵対勢力→敵の力を得て対抗→力の暴走
これはありがちな展開ながら一番熱い。



坂本ですが?
ギャグアニメ。
シュール シューラ― シューレスト


三者三葉
日常系ギャグアニメ。原作が古い。
OPがやたら長いけれど嫌いじゃない。
キャラ立てができていて、展開がわかりやすかった。


12歳。
原作は幼女向け漫画。
どろどろしたり、きゅんきゅんしたり、おっさんの大きな支持を得るアニメに昇華した。
やっぱり小学生は最高だぜ!

ジョーカー・ゲーム
ミステリだとかサスペンスの類。スパイが暗躍する短編集アニメ。
あえてキャラを立てないようにしている(多分)。
渋い作品が好きな玄人や腐女子に好かれそう。


SUPER LOVERS
BLアニメ。
ショタをホモに目覚めさせる問題作。もう笑うしかない。
なぜ最後まで見てしまったのか……。


聖戦ケルベロス
異世界ファンタジー。ソシャゲ原作。
話題にも上がらない作品だが悪くなかった。
主人公の性格が面白い。


双星の陰陽師
異能力バトルもの。
ジャンルが違うけれど、「四月は君の嘘」みたいな展開。
子作りはよ。


田中くんはいつもけだるげ
ギャグアニメ。ホモアニメではなかった。
ゆるいので作業用BGMに最適。


テラフォーマーズ リベンジ
異能力バトルもの。テラフォーマーズの続編。
前作と比べて面白くなってきた。というか、前作は回想が多すぎる。
原作が人気だし今後のアニメ化にも期待。


とんかつDJアゲ太郎
ギャグアニメ。1話10分弱。
とんかつとDJとを組み合わせるのは発想の勝利。
テンポが良くて楽しめた。

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?
ラブコメのラノベ。
ネトゲが題材のわりには学園生活の比重が大きい。
おっぱいを揺らすことに全力を注ぐアニメ。


ハイスクール・フリート(はいふり)
戦艦アニメ。その手の層に大人気らしい。
作業用に流していたら内容についていけなくなくなり切った←
はいふりはいいぞ(テキトー)


ばくおん!!
女子高生がバイクに乗るギャグアニメ。
某軽音楽漫画のパクリといわれる。
個人的に「けいおん!」(結局書く)はそれほど好きじゃないし、
こちらの方がパロディやブラックなネタが面白いと感じた。


パンでPeace!
3分アニメに内容は求めない。
なんだかんだで完走。最後にタイトル回収する流れは好き。


ハンドレッド
テンプレだけで話が作れることを世に知らしめた名作。
ここまで潔くやってくれると面白い。
しかしながら、いつの間にか切っていた。


文豪ストレイドッグス
ギャグアニメ。ラノベ原作と思いきや漫画原作らしい。
特に文学要素はなく、人物名や著書を流用するだけ。
同じ回想を何度も使うのは笑えた。
これも途中で切ったが作業用BGMとして使用予定。


僕のヒーローアカデミア
少年漫画の王道的なアニメ。
俺TUEEE作品よりも、これくらいの制約がある方が面白い。


ビッグオーダー
異能力バトルもの、と見せかけてギャグアニメ。
絶対順守の能力は厨二心をくすぐる。
ヒロイン(仮)がギャグ要員として優秀だった。そして妹がかわいい。
EDクレジットの順番が変わっていて笑えた。


ふらいんぐうぃっち
魔女の田舎暮らしを描く日常系ファンタジー。
第一にキャラデザおよび作画が綺麗だった。
田舎の日常とファンタジーとのバランスや、何気ない会話などが個人的にツボ。



マギ -MAGI- シンドバッドの冒険
マギのスピンオフ作品。
マギ本編もそうだが、声優が豪華。
シンドバッド無双。


マクロスΔ
かの有名なマクロスのシリーズ最新作。
最近の流行に合わせているのか、グループユニットで歌っていた。
主人公、ヒロイン、敵対勢力……どれも地味に感じてしまった。
なお、ほかのマクロスはFしか知らないにわかの模様。


迷家―マヨイガ―
ホラーなのかな? まさに迷作。
キャラが多く、特徴が薄いので覚えられない。
そんな中でも主人公はうざさで視聴者にアピールできたことだろう。


Re:ゼロから始める異世界生活
量産型異世界ファンタジーラノベのアニメ。
異世界に対して主人公がメタな見方をしている点は面白いと思った(おそらく今後一気に増える)。
正直ありきたりなラノベだと感じたし、これがここまで人気が出た意味がわからない。
こんな感性で大丈夫か?


以上、お付き合いいただいた方お疲れ様。