ごきげんよう。

超絶久々に『ガールフレンド(仮)』(ガルフレ)の話をしよう。
もはや1年以上もガルフレを話題に挙げていない。カテゴリの存在意義が消失しかけていたのだが、公式による生放送という貴重なイベントがあったのでレビューしたい。

ガルフレの前回記事は、昨年に『とある魔術の禁書目録』コラボが催されたときに作成した。



これ以降にコラボイベントはなく、『ガールフレンド(仮)』は粛々と運営されていた。
8年目を迎えるガルフレは、ソシャゲの平均寿命を考えれば、お化けコンテンツと言っても良いだろう。初期の頃に例のCMでバズったものの、基本的には無理なくマイペースに継続されてきたことが功を奏したと思われる。

そして、ここにきての生放送イベント「春の聖櫻感謝祭特別生放送」である。久々のテコ入れといったところか。
ガルフレ界隈では貴重なイベントなので、古参プレイヤーとして内容をレビューしていきたい。

ガールフレンド(仮)YouTube生放送ライブ
今回の生放送イベントの趣旨は、新キャラの魅力を伝えることにある(多分)。
生放送には、名塚佳織、鈴木みのり、安野希世乃の声優3名が出演した。

名塚佳織は、作中で不動の人気を誇るマドンナオブマドンナの村上文緒(上図中央)を担当している。あえて紹介するまでもない有名声優であるだが、『アマガミ』の絢辻さん(CV名塚佳織)が個人的にドストライクである。

鈴木みのりは、新キャラの月隈林子(上図左側)を担当している。アニメ『マクロスΔ』でメインヒロインのフレイアを演じたことで注目された声優であるが、それ以降の大きな活躍を見せていない。ガルフレを経ての活躍が期待される。

安野希世乃は、新キャラの奈木野さくら(上図右側)を担当している。過去の出演では、アニメ『冴えない彼女の育てかた』の加藤恵が有名所。他にメインヒロインは少ないが、そこそこ仕事をしている。


「春の聖櫻感謝祭特別生放送」の内容としては、予想以上に面白かった。
放送の目玉は、声優が担当キャラクターとして別キャラクターの台詞を演じる「台詞シャッフル」という企画(多分)。まさに公式MADである。月隈林子の口癖(?)が「豚野郎」であることから、様々なシチュエーションで豚野郎と罵ってもらえる神イベントとなった。そして、動画のコメント欄は、豚野郎どもの歓喜の鳴き声で沸き立っていた。

ガルフレクイズは、1問目が素晴らしい奇問であった。

GF学校行事
学校行事として行なわれていないものは次のうちどれ?
①猫コス
②水遊び
③リラクゼーション
④バニーガール
裏を返せば、上記4つのうち3つが学校行事として行なわれたわけだ。『ガールフレンド(仮)』の世界観のシュールさを示す良問とも言えよう。
その他、ガルフレの1枚絵に対して「これなんてエロゲ」などのコメントが寄せられるのも楽しめた。

結果として、「春の聖櫻感謝祭特別生放送」は大成功だったと思われる。
月隈林子の豚野郎無双、奈木野さくらの闇堕ちフラグなど、新キャラクターの魅力が引き出された。
伊藤美来などの声優を育成したガルフレには、今後も安定的な活躍が期待される。

以上、ガールフレンド(仮)春の聖櫻感謝祭特別生放送を聞いて。



ブログランキングぽちっとオナシャス! 

ニート日記ランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村