( ゚∀゚)o彡゚ ワッセダーwワッセダーw

2020年大学入試にて、早稲田大学理工学部の出題ミスが話題になっている。
この問題について雑談したい。

早大理工入試の数学で出題ミスが発見された。

早稲田大学理工学部入試2020数学出題ミス
頭の体操がてら自分で解いてみようかと思ったけれど、出題ミスとして先に解答を知ってしまい面白くないのでやめた。
既に解答が出回っているため詳細を割愛するが、領域Dの面積が無限大に発散する。ゆえに領域Dをx軸まわりに1回転してできる回転体の体積も無限大に発散する。入試問題として不適切である。

大学受験の出題ミスなど毎年発生することであるが、早稲田大学理工学部は私が受験した数少ない大学入試なので懐かしさから話題に出してみた。
もうN年前になる当時の入試問題はほぼ覚えていないけれど、予想よりも難しいと感じた記憶がある。過去問演習せずに受験する舐めプだったので新鮮さを楽しむことができた。

ちなみに2019年には、早大理工と比較されがちな慶應義塾大学理工学部の入試においても物理で出題ミスが発生している。慶大理工も受験したので思い出深い。私が受験生だった年度の入試問題は、早大よりも慶大の方が簡単だった印象がある。個人の感想だから年代は特定されないはず。

学生でなくなると問題を解くことを強いられなくなるので、数学や物理は時々やっていこうかなと思う。面倒なので積極的に探さないだろうがね。今の時代、検索すると答えが得られてしまう可能性も高いし。
今回の早稲田大学理工学部の入試問題は既に解答が議論され切った状態であったが、早期発見していれば楽しむことができたはずだ。
一方、『賭ケグルイ』の数学問題では、ちょうど視聴していたアニメなので先陣を切ることができ、そこそこにアクセスを集めている。


以上、早稲田大学理工学部の入学試験出題ミスについて。