ぼちぼちと2019年春アニメのレビューを実施していきたい。
第一弾としてアニメ『なんでここに先生が!?』を取り上げる。
と言ったものの……


普段であれば、『なんでここに先生が!?』の感想戦を行うことはなかっただろう。
なぜなら、あまり語ることはないから。正直に暴露してしまった。
だが、今期アニメが不作過ぎるので、こなあたりの作品を評価しておかないと今期アニメ個別記事が著しく少なくなってしまう、という大人の事情があるのだよ。

酒でも飲みながら雑談しようか。
アニメ『なんでここに先生が!?』は、放送開始序盤にして僧侶枠の亜種として見なされる風潮があった。
そして、『なんでここに先生が!?』は、本家僧侶枠である『洗い屋さん!~俺とアイツが女湯で!?~』よりもクオリティが高いという風潮さえあった。
というわけで今回の感想戦は、『なんでここに先生が!?』『洗い屋さん!~俺とアイツが女湯で!?~』合同レビューとして、だらだらと評価していこう。

書くこともないし、結論から言うと、『なんでここに先生が!?』は面白い設定だったものの失速感が否めない。個人的に飽きてしまったことも大きいだろう。
これ、実は難しい問題である。飲酒しながら書いていて重大なことに気付いてしまった。

初動としては、たしかに『なんでここに先生が!?』の長尺でのストーリー性を面白いと思った。
だが、全体を通してみると、亜種僧侶枠の『なんでここに先生が!?』はすぐに飽きてしまい、性器僧侶枠の『洗い屋さん!~俺とアイツが女湯で!?~』の方が真性僧侶としての実力を見せてくれた。
おっと失礼、正規僧侶枠の間違いであった。

『なんでここに先生が!?』にしても、小嶋先生編は楽しめた。松風先生編で飽き始めて、葉桜先生編で切ってしまった。
作風への飽きだけでなく、このようなオムニバス方式が僧侶枠に合っていなかったのかもしれない。
余談だが、この学校の女教師が揃いも揃って隙あらば淫行しようとしていくスタイルは、冷静に考えてみるとシュールで面白い。

逆に言えば、やはり本家僧侶枠は素晴らしい。
何が重要な要素かと考えると、原作もさることながら、アニメとしての表現がうまかったことが大きいと思われる。
うん、良い感じに酔いが回ってきた。
いえあ、良く酔うほどに抑揚がついて良い酔いだYO!!

ふぅ……ラッパーとしての心が踊ってしまった。
ええと、何の話だ。
――なんでここに先生が!?

ブログランキングぽちっとオナシャス! 

ニート日記ランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村