2019年冬アニメ感想戦の第N弾として『ドメスティックな彼女』をレビューする。
前回(『約束のネバーランド』)から間をあけてのアニメ評価となる。私としても前クールのアニメレビューは早々に作成したかったのだが、新鮮なネタが多すぎて後回しになってしまった。

次こそは『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』と思ったが、2019年冬アニメ総評記事のリンクがあまりにも寂しかったので他を優先することにした。
そして、2019年冬クール開始序盤の時点での評価や期待が高かったという点から、アニメ『ドメスティックな彼女』を対象とした。以下、考察/感想/評価/レビューに入る。


最近のアニメ感想戦が無駄に冗長化していたので、今回はコンパクトにまとめたい。
総評として、アニメ『ドメスティックな彼女』は期待外れで残念だったが、それなりに楽しめたという点でC判定とした。
高評価ポイント、低評価ポイント、今後の展開への期待、3つに分けてレビューする。

【高評価ポイント】
・OPアニメーションが秀逸
・開始即セクロスという奇抜な事後スタートを決めた。
・ヒロインは基本的に地雷女しかいない。
・ルイ(義妹)がかわいい。
・ラマンのマスターやデブが面白い。
・主要キャラクターに好きな歌手や作家が設定されている。

【低評価ポイント】
・第2話以降の盛り上がりに欠く。
・昼ドラかな?
・ヒナ先生ルート(義姉ルート)に寄せすぎ。
・ヒナがチョロいし頭悪そうに見える。
・主人公がゴミクズに見える。

【今後の展開への期待】
・痴情のもつれによる猟奇的ナイスボートで悲しみの向こうへ逝くこと(自主規制)。

【総括】
設定や初動は良かったが、うまくストーリーを運べずにグダグダ展開になってしまった。
この停滞を打破するためにも『School Days』のような神エンドを所望する。
2019年冬アニメ総評☆ニートが選ぶアニメランキング2019冬
以上、アニメ『ドメスティックな彼女』の考察/感想/評価/レビューをレポートした。

ブログランキングぽちっとオナシャス! 

ニート日記ランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村