??? 「ドロップブックスが閉鎖したようだな

??? 「だが奴は海賊版サイトの中でも脆弱……

??? 「我らエロマンガ四天王の面汚しよ


というわけで、ドロップブックス(Dropbooks)の閉鎖疑惑を見ていきたい。
ドロップブックスは、いつからかダウンロードブックスと名を変えて運営されてきた、いわゆる海賊版サイトである。
ドロップブックスには、商業誌や同人誌が何者かによりアップロードされ、誰でもデータをダウンロード可能な環境が整えられていた。
そして、現状のサイト利用不能状態が一部界隈で話題になっている。

堕天使ブログでは、インターネット上のサイトたちが閉鎖する様子を観測してきた。
炎上による終焉も興味深いものだが、海賊版のスキームには心惹かれるものがある。
なお、堕天使エヌが海賊版のヘビーユーザだとは言っていないし、私がエロマンガ収集を趣味としているとも言っていない。あくまでも文化を見守るオブザーバーの立場から栄枯盛衰のモデルとして海賊版サイトに注目している。
特に本記事で話題としているフリーブックスに関しては、過去に海賊版が意外と閉鎖を強いられない理由を考察した際に具体例として挙げている。
まさか、あれがフラグになるとはね。久方ぶりの堕天使デスブログとしての性能を発揮してしまったようだ。

さて、現在ネット上の特定界隈では、「ダウンロードブックスが見れない」「ドロップブックスは閉鎖したのか」という発言が散見される。さらには、「ダウンロードブックスの代替となるサイト」「ドロップブックスに代わりがあるか」を特集する怪しいサイトまで検索上位にヒットする。

堕天使エヌの予想では、もうドロップブックス(ダウンロードブックス)は復活しない。
より詳しくは、同一アドレスまたは同一アドレスから転送するサイトでの運営が再開することはないと予想している。
つまり、元ドロップブックス管理人が新たなサイトを作成するわけよ。これは避けようもないパターンである。考え方次第では、これがドロップブックスの転生とも言えるが、簡単に関連性が見て取れるものにはならないだろう。
そもそもDropbooksが閉鎖した理由として、何らかの規制か制裁かを受けかけていたのだろう。そこからうまく逃避するためにトカゲの尻尾切りのごとくダウンロードブックスが運営停止されたと考えられる。

そして、ドロップブックスの代わりとなる代替サイトに関しては、他人からの情報に頼らなくとも容易に発見できるだろう。
例えば、「漫画」「無料」「ダウンロード」で検索するだとか、「同人誌」「フリー」「DL」で検索するだとか、「エロマンガ」「読み放題」「無料」で検索するだとか、やり方は無数に考えられる。

ただし、上記記載は「海賊版サイトの探し方」を提示しているに過ぎない。
決して犯罪行為を助長していないのである。ましてやダウンロードブックス難民に代わりの手段を提示しようなど毛頭考えていないのだよ。
違法アップロード、違法ダウンロード、違法視聴、著作権侵害、ワレなど……
犯罪行為はダメ。ゼッタイ。

【関連記事】


ブログランキングぽちっとオナシャス! 

ニート日記ランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村